読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おーじの覚書

日々考えては霧散していくような何でもないことを覚え書き程度に。へヴィメタルと格ゲーを愛する社会人一年目

かんばせという言葉の持つ美しさについての話

私は日本語が好きなので、どうしてもこの手の話題をしがちだが、構わず書いていく。

 

かんばせ端的に言って顔。その表情。

成り立ちについては他に素晴らしいブログがたくさんあるはずなので、ここでは割愛する。

 

かんばせ、古き良き日本語の風情を残した美しい響きだ。

それに加え、私が思うこの言葉の最大の魅力は「表情」という意味の中でもよりその一瞬、刹那を捉えたニュアンスを含んでいるところだ。

例えるならばカメラが切り取ったその一枚、その瞬間の表情というのがイメージに近い。

その昔は脳内保存しかできなかった。だからこそ、儚いそのひとひらを指して人は「顔馳せ」と呼んだのかもしれない。

だが、今はその一瞬を半永久的に切り取って保存できてしまう。人の業を深さを感じる。

カメラとは、決して刃では斬ることのできないものを斬ることができる近代文明が産んだ妖刀なのかもしれない。

しかし、だからといって「かんばせ」を捉えるハードルが下がってもよい謂われにはならない。

飲み会の集合写真、旅行での記念撮影、ミッキーとのハグ。

おそらくそのいずれにも素晴らしい笑顔が収められていることだろう。

楽しい思い出、その1ページを凝縮した尊いものだろう。

 

だが、果たしてそこに「かんばせ」はあるのだろうか。

私の回答は断じて

「花のかんばせ」と例えられる一瞬の輝きは生半可な写真には写らないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とある放課後。

部活を引退し、その後に続く大学受験、そして高校卒業を目前に控え、彼女は決断を迫られていた。

進学後は学業に専念か、それともバレーを続けるのか。それによって進路は大きく変わってしまう。

両親の希望は学業に専念して欲しい、という至極真っ当なものだった。

理解は、できる。プロを目指すなんてレベルじゃない人間がいつまでもスポーツという先の見えないものに身を焦がしている様はきっと、とても不確かで、曖昧で。

 

「私、18年間生きてきて今が一番悩んでいると思う。でも、本当に怖いのは10年後、20年後に振り返った時に”今考えるとちっぽけな悩みだったなあ”って感じちゃうこと。そんなの嫌なんだ。今こんなに苦しいんだから、何十年後だってあの時うんと悩んで良かったー!って思いたいわけ。もしいつか私がお母さんになったりした時にさ、この気持ちはできれば大切な思い出として話したいって思う。」

3年間笑顔を絶やさず、チームの元気印として常に全力で走ってきた少女がこぼした純度100%、混じり気のない等身大の本音。こんな顔もするのだなと、同性ながらドキッとした。

「あー!!もう、ほんっとなんていうか…弱いなあ…」

窓の外に視線を流しながら、彼女は肘をつく。

夕焼けに照らされ赤みを帯びたその横顔に、ほんの少し、光るものを見た。

黄昏。教室。二人きり。

遠くの音楽室からかすかに漏れるユーフォニアムの音だけが、優しく空気を揺らしていた。

 

 

 

 

パシャ!!!!!

 

ここである。ここの横顔。これこそがかんばせだ。興奮する。

かんばせは狙ってできる表情ではない。ナチュラルな感情の機微の断片だからだ。

カメラを真正面から向けて「はい、表情ください!!」と言って撮られた笑顔ではかんばせの名を拝することは敵わない。そんなものはただの顔面である。

顔面とかんばせは大違いである。

顔面の作画担当が漫☆画太郎ならば、かんばせの作画担当は中村佑介である。

よって先程の少女の横顔はおそらくは教室の隅の掃除用具入れに隠れていたオッサンなどが密かに撮影したのだ。

かんばせをフィルムに収めるにはリスクが付き物であり、社会的規律を軽んじる妖刀使いのオッサンの助力なしでは成し得ないのだ。

理想のかんばせは、未だ遥か遠い。